これから特養の介護士を目指す方へ

特別養護老人ホーム勤務の介護士による介護士になるためのマニュアルです。仕事内容やちょっとした裏話など体験談を元にご紹介します!

介護士を辞める人の本当の理由

      2017/02/03

介護士を辞める人の本当の理由

介護職員の男女比はまだまだ女性の多い職場。臭い・キツイ・低給料の3Kで辞めていく人は、最初の段階で直ぐに辞めてしまうと思う。でも、何年も介護士をしていながら辞めていく人は、他の理由によるものだと思う。

自分は男だから、職場の複雑な女性の人間関係には疎いけど、人には相性というものがある。

また、チームプレーを重視される介護職は、阿吽の呼吸で仕事が出来るかどうかで、仕事の効率も大幅に変わってくる。ひとえに介護士といえども、スキルは個人で異なるし、一番気にするところもシフト勤務で組む相手のこと。

介護職員の中には、優しい人も厳しい人もいる。性格的にも気性の荒い人もいる。物事をハッキリいう人もいれば、思っていることをなかなか言えない人もいる。

最悪の場合だと、八つ当たりしやすい人や文句を言ってくる人がいることもある。こういったタイプから一度目を付けられたら、なかなか逃れられない。

大体の人は、人間関係の悩みを多少なりとも持っているはず。職場の人間関係について、女性職員から相談されることもある。でもそれは、本人たちの問題で実際のところは悩みを聞いてあげるしか出来ないのが現状。そこで、人間関係に疲れてしまうと、辞めるという判断に至るわけなんだと思う。

イジメを受けたり、いつも文句を言われたり、物静かな人ほどターゲットになりやすい。介護職自体がストレスになっている人も多いはずだから、静かな人ほどそのストレスの捌け口になってしまうもの。また、女性は噂が好きな生き物。根も葉もない噂は、またたく間に広がる。特に悪い噂の広がり方は異常。

他には給料が高い所へ移る人も多い。あとは、腰痛で仕事が継続できずに辞めていく人もいる。中には施設の方針に不満を持って辞めていく人もいる。

しかし、このような例はほんの一部で、大抵は人間関係の問題絡みで辞めていく人がほとんどのはず。本来、大の大人が取るべき行動ではないんだけど、そんな子供のイジメのようなことでせっかくの仕事を諦めるなんて悲しい。

せっかく身に付けた介護スキル。捨てるのはもったいない!

1年でも1ヶ月でも、介護士として働いた経験をそんな他人のせいで捨てるのはもったいない!資格を取るために時間もお金も使ったんだから。

だったら介護士派遣という働き方はどうか?派遣なら働く期間も決まっているので、嫌な職場にあたってもちょっと我慢すれば次に行ける。

紹介予定派遣として登録すれば、気に入った職場があればそのまま正社員として働くこともできる。そう、仕事をしながら職場を選ぶ感覚。

もし、今まさに介護士を辞めたいと考えている人がいるのであれば、介護派遣の時給を確認してから、もう一度踏ん張ってみてはどうだろうか?きっと直ぐに転職したくなるはずだ。

 - 介護転職 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

介護士が給料を上げるには資格取得か転職しかない
介護士が給料を上げるには資格取得か転職しかない

介護士の給料は事のほか低い。同じ施設で給料を上げるには、夜勤を人より多く入るか、介護福祉士の国家資格の取得、あるいは民間資格である健康運動指導士や介護予防指導士などの研修を受けて資格を取るしか道はなさそうである。そうすれば、資格によっては手当がつくだろう。あとは、同じ施設に長く勤務することで、副主任や主任という役職に就けることもあるかもしれない。 それよりも手っ取り早い給料を上げる手段としては、違う介護施設に移るという選択肢もある。給料の差が大きければ、転職も良いかもしれない。介護求人サイトおすすめから今の給料よりも良い求人を探せばいい。 ベテランであればある程、新しい職場で一から始めるのは勇 …

こんな人は介護士に向いている
こんな人は介護士に向いている

介護士も人間だから、個性的な人もいれば当然ながら性格は色々。ある意味、色んな人がいて、面白いと自分は思うんだけど、これが介護職員としての資質を問われたら、ちょっと見方は変わってくる。 介護士として理想的なのは、優しくて気配りもでき、細かいところまで目の届く人だと思う。明るくて元気な人も職場には絶対に必要。とにかく、入居者さんや利用者さんに寄り添って介護ができる人が一番。 しかし、残念ながらこのような理想的な人は実際にはとても少ないのが現状。 「お世話をさせて頂いている」ではなく「世話をさせられている」と思ってしまうのか、上から目線で接する介護士が結構多い。 それゆえに、不必要に子どもを叱るよう …

介護業界へ転職する際に覚悟すべきこと
介護業界へ転職する際に覚悟すべきこと

以前から福祉系の仕事には興味がありながらも、専門学校も出ていなければ、講習も受けたことがない。ましてやホームヘルパー2級さえもっていないのだ。周りに福祉関係に勤めている人もいなかったので、流されるようにトラックの運転手になってしまったが、仕事で走るコースの途中で毎回養護学校の送迎バスと出くわす。乗車している様子を見ていると、福祉に転職しようかという気持ちになっていった。 本当は養護学校の教諭になりたかった。でも大学に行かなければいけない。この歳で今更大学にもいけるはず、求人広告を見ても福祉施設の募集はあるもののよくわからない。 そこで、福祉にも人材センターがある事を知り、そこで仕事の相談と斡旋 …

まずは介護職員初任者研修を取得してから介護士の求人を探した方がいい
まずは介護職員初任者研修を取得してから介護士の求人を探した方がいい

現在は、老人ホームといっても特養をはじめ有料老人ホームや病院、デイサービスなどの高齢者施設がある。他に高齢者施設以外でも多くの施設で介護士が必要となっている。 求人広告には毎週必ずといっていい程、介護士の募集が出ている。施設は増えているのに介護士が足りないのはここ数年のこと。 また、不景気が続いているせいか、介護職員初任者研修を受ける人が増加しているのも事実。しかし、学校や養成所で資格を取得したとしても、理想と現実のギャップで辞めてしまう人も多いのだろう。 本当に介護士を目指すのであれば、介護職員初任者研修を取得してから、就職先を探したほうが有利なのは確かなこと。 未経験者より経験者、無資格者 …

介護職には重要な資格の介護福祉士国家試験を受けた感想
介護職には重要な資格の介護福祉士国家試験を受けた感想

私は介護施設で3年間働いた後に、介護福祉士の国家試験を受験して介護福祉士の資格を取得しました。介護福祉士になるためには専門学校で勉強をして取得するという方法、3年間働いて受験資格を得て試験に合格して取得するという方法があります。 Contents介護福祉士の資格は知識や経験の証明転職にも有利になる介護福祉士試験の難易度介護福祉士試験の実技試験についてまとめ 介護福祉士の資格は知識や経験の証明 介護の世界で介護職としてやっていくためには、持っていたいのが介護福祉士の資格です。介護の仕事は無資格や未経験の人でもチャレンジしていける資格ではありますが、ある程度の知識や経験を持っているというところの証 …

未経験・無資格で介護士なった体験談
未経験・無資格で介護士なった体験談

全くの素人が介護士になると、独り立ちするまで先輩が付いていてくれる。一通りの流れは一週間ほどで何となく掴めてくるが、やはり一連の流れを一人でやるのは想像していた以上に怖さがある。 ベッドメイクやユニット、居室の掃除などはそんなに不器用ではないので何とかクリア出来た。 しかし、入居者さんと接するときはちょっと緊張する。おむつ交換やトランス、入浴介助の着脱など、怪我をさせないように気をつけなければならない。回数をこなすしかないと自分にも言い聞かせていたし、そのように言われていた。「焦らずに正確に安全第一」と頭では解っているが、表面には出さずもやっぱり焦ってしまう。 何かに集中すれば声掛けが出来ない …

介護業界は資格が物を言う
介護業界は資格が物を言う

介護業界で一番のトップは介護福祉士だ。介護福祉士は国家資格で、以前は専門学校を出れば国家試験免除で取得できた資格でもある。でも今は専門学校も養成所を出ても国家試験を受けなければならない。それはきっと介護士による利用者への虐待が多くなってきたためだろう。 介護関連の民間資格として有名なのはホームヘルパー2級がある。ちなみに現在は介護職員初任者研修となっている。一時期ホームヘルパーはなくなるとの噂もあったが、違う名称で残したと思われる。 このような資格があることによって何が違うのか?と思われる方も多いが、国家資格の場合には資格手当が付く位だろう。つまり介護の仕事にそれほどまでの大差はない。 無資格 …